麹 甘酒 作り方

家庭で米麹から甘酒って作れるの?【作り方は簡単】

米麹の甘酒は、家庭でも手軽に作ることが出来ますよ♪

 

どこの家庭にもある炊飯器を利用すれば、
簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

 

 

用意するものは、米麹とおかゆだけ。

 

これを炊飯器に入れて一定の時間保温するだけでOKです。

 

とてもシンプルな作り方ですよね。

 

 

もう少し詳しく、甘酒の作り方を紹介しますね♪

 

 

炊飯器を使った甘酒の作り方

 

Step1: おかゆをつくる

 

まず、お米1合に対して3倍のお水を入れて炊き、
おかゆを作ってください。

 

おかゆは別のお鍋で作ってもいいですし、
炊飯器のおかゆコースを利用してもいいでしょう。

 

 

Step2: おかゆを冷ます

 

おかゆが出来上がったら、60℃までおかゆを冷まします。

 

この温度が肝心!

 

おかゆが熱すぎると、麹菌が死滅してしまうのです。

 

おかゆを60℃に冷ますことだけはきちんと守ってくださいね。

 

 

Step3: 米麹を加え保温する

 

60℃になったおかゆに米麹200グラムを
ほぐしながら加え、炊飯器の中で保温します。

 

この時、炊飯器のふたは開けたままにしておきます。

 

炊飯器の上からふきんをかけて、
8時間程度放置しておけば、米麹の甘酒が完成です。

 

 

魔法瓶を使った甘酒の作り方

 

魔法瓶を活用する場合にも、炊飯器の作り方とほぼ同じです。

 

 

Step:1 魔法瓶に熱湯を入れる

 

あらかじめ魔法瓶に熱湯を入れて、温めておきましょう。

 

魔法瓶の内部をしっかり温めておくことがポイントです。

 

あとの流れは、ほぼ同じです。

 

 

Step2: おかゆを作る

 

1合のお米に3倍の水でおかゆを作りましょう。

 

 

Step3: おかゆを冷ます

 

60℃まで冷まします。

 

 

Step4: 米麹を加え保温する

 

米麹をほぐして加え、
これを温めておいた魔法瓶に入れます。

 

この時、魔法瓶の蓋はきちんと閉めてくださいね。

 

 

魔法瓶で米麹の甘酒を作る時には、温度管理がとても大切になります。

 

 

寒い冬場は魔法瓶の内部の温度が下がりやすいので、
温かい部屋に保管したり、タオルを巻いたりして温度を
保つようにしましょう。

 

このまま8時間ほど放置しておくのですが、
たまに温度計で甘酒の温度を計ってください。

 

もしも低くなっているようなら、
再度、お鍋で温めなおして魔法瓶に移し替えてください。

 

 

このようんして手作りした甘酒は、
市販のものよりも多くの酵素が残っており、栄養も豊富です。

 

作り方もいたってシンプルなのでぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

⇒トップページへ戻る