麹 甘酒

麹から作られる甘酒の健康・美容効果に注目!

酵素ブームに引き続き、塩麹などで最近注目を集めている麹は、
たくさんの酵素を生み出す、酵素の母親のような存在です。

 

日本酒やお味噌、醤油、みりんやお酢、
そして、甘酒やお漬物など、さまざまな日本伝統の食品は、
麹から作られています。

 

世界に誇る日本伝統の食品文化は、
この麹がなくては生まれることはなかったと言っても過言ではないのです。

 

 

酵素の宝庫とまで言われる麹=麹菌は、カビの一種で、
米や麦、大豆などの穀物から作られます。

 

蒸した穀物に、麹菌を培養して作られた種麹を付け、
発酵させたものが麹で、
米から作られたものが米麹で大豆であれば大豆麹となります。

 

 

 

麹から作られる甘酒には酵素がたっぷり!

 

麹菌は、酵素の宝庫とまで言われるほど、
たくさんの酵素を生み出します。

 

デンプン質をブドウ糖に分解するアミラーゼや
たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、
他に、脂肪分解酵素など、
その数なんと100種類もの酵素が含まれていると言われています。

 

そんな素晴らしい酵素数を誇る麹で作られた甘酒は、
最近は、飲む点滴と言われて注目を集めていますね。

 

甘酒は、小さい頃にお母さんが作ってくれた甘くて美味しい飲み物、
というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

 

また、お正月に初詣に行くと境内などでふるまわれたりしていて、
寒い季節に身体をぽかぽかに温めてくれます。

 

冬のイメージがある甘酒ですが、
実は江戸時代には、夏場の滋養強壮のために飲まれたと言われています。

 

嗜好品のイメージがある甘酒ですが、
江戸時代には甘酒の優れた栄養素が
暑い夏を乗り切るために役立つ飲み物として
民衆に広まっていたのです。

 

夏場の体力回復に素晴らしい効果があるとして愛飲されていた甘酒が、
最近の麹ブームによって再び、見直されることになったのです。

 

 

甘酒の栄養とは?

 

日本伝統の甘くて美味しい飲み物、甘酒は、
米麹とお米、もしくは、酒粕を原材料として作られています。

 

甘酒の栄養価はとても素晴らしいのですが、
身体への吸収が素早いことも大きな特徴です。

 

 

まず注目したいのはビタミンB群。

 

甘酒に含まれているブドウ糖とビタミンB群が、疲労回復に役立つ他、
肝臓のアルコール分解をサポートしてくれるので、
二日酔い防止にも役立ちます。

 

他に、食物繊維やオリゴ糖といった、
腸内環境を整えてくれる栄養素も豊富に含まれています。

 

「ジャパニーズヨーグルト」と呼ばれるほど、
甘酒には、腸内環境に役立つ成分が豊富で、
慢性的な便秘の改善や、肌荒れ予防なども期待できます。

 

疲労回復や燃焼サポートの効果があるアミノ酸も
甘酒にはたくさん含まれています。

 

 

こういった甘酒に含まれているバランスの良い栄養素は、
点滴とほとんど変わらないと言われています。

 

お味噌や醤油などとは違って、
甘酒なら麹の素晴らしい栄養素を
たっぷりと美味しくいただくことが出来ることも魅力ですね。

 

 

甘酒には種類がある!それぞれに嬉しい効果があるけれど…

 

甘酒には、米麹を使って作るものと、
酒粕を使って作る、2つのタイプがあるのをご存知でしょうか。

 

同じ甘酒ですが、材料が異なるため、
その分、効能やアルコール成分なども違ってきます。

 

それぞれ特徴がありますから、こちらで紹介します♪

 

 

酒粕から作られる甘酒

 

酒粕で作る甘酒は、
酒粕に、水と砂糖を加えて作られています。

 

缶入りタイプの甘酒のほとんどは、
こちらの酒粕由来の甘酒です。

 

砂糖も多く加えられているので、カロリーも若干高めです。

 

また、酒粕で作られているので、アルコールもわずかにあり、
お酒の香りもほのかにします。

 

酒粕で作られる甘酒は、アルコール成分を含むので、
お子さんや妊婦さん、運転をする人も避けてください。

 

酒粕にはレジスタントプロテインという
酵素では消化されにくい成分が豊富で、
これが体内で油をキャッチしてくれ排出してくれます。

 

これが便秘解消に役立ってくれます。

 

また、酒粕の甘酒には、
深い眠りに導いてくれる清酒酵母が含まれています。

 

清酒酵母には、深い眠りを作り出す、
アデノシンという脳内物質を活性化させてくれるそうです。

 

寝る1時間くらい前に、
酒粕タイプの甘酒を飲むと、眠りの質を上げることが出来そうです。

 

 

米麹から作られる甘酒

 

米麹で作る甘酒は、
米と水、米麹のみで作られていて、砂糖は無添加です。

 

あの甘みは麹由来のものというから驚きですね。

 

米麹で作られる甘酒は、
ノンアルコールなので、小さいお子さんや妊婦さんでも
安心して飲むことが出来ます。

 

砂糖が入っていないので、
ダイエット中の方もこちらのタイプがおすすめです。

 

麹で作る甘酒には、コウジ酸が豊富に含まれています。

 

コウジ酸は、メラニンを抑制する働きがあるので、
シミやソバカス予防に役立ちます。

 

また、肌の弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチンを
活性酸素から守ってくれる働きもあります。

 

他に、抗酸化作用のあるアルブミンも含まれていますよ。

 

アルブミンとコウジ酸は、
美容液などにも良く含まれている成分です。

 

ですから米麹タイプの甘酒は、飲む美容液とまで言われています。

 

 

 

 

このように米麹タイプの甘酒にも
酒粕タイプの甘酒にもそれぞれに嬉しい効果効能が期待できます。

 

疲労回復や便秘解消に、美肌や安眠効果など
さまざまな効果が期待できるのが甘酒です。

 

冬は温かくして、夏場は冷たくして、
美味しく栄養補給していきましょう。

 

 

⇒麹から作られたサプリ、「こうじ酵素」が大注目されているワケ

 

⇒トップページへ戻る